占いは嘘だらけ

「占いは嘘だ」
「占いなんか信じられない」
そう言う人は大勢います。

一方、占いが好きで好きで堪らない人たちも一定数います。

考え方がどのように違うのでしょうか?
少し考えてみます。

目次

占いに何を期待しているのか

性格の違いと言えばその通りなんですが、実は「占いに何を期待しているのか」と言うことがとても大きな要因なんです。

占いが信じられないと言う人は、占いが当たることを重視しています。
占いに答えを求めているのです。

しかし、占いで何もかも当てるのは、ほぼ無理です。
そして、何も確実なものはないと言う理由から、占いを見る(読む)必要は無いのだと言う考えに至るのです。

そもそも、全く当たらないなら誰も占いを気にしません。
でもアドバイスのどれが当たって、どれがハズレるのか、気にしすぎるのもおかしいです。
(気にするのが楽しいなら構いませんが)

占い好きの方々は、当たる当たらないはあまり関係ないのです。
占いで今日はどんなアドバイスかなとか・・・。
今日は良い日かなとか・・・。

占いに期待しているのは、アドバイスをもらうことなのです。
頼るほどのことは無く、付き合っていく感じです。
アドバイスどおりに行動することも、しないこともあると思います。

信じる人の方が断然気楽・・・だけど

信じる人の考え方

占い師が信じられるなら、アドバイスのとおりにすればよいです。
アドバイスを覚えておいて、その時が来ればアドバイスに従えばよいのです。
なんとなく占いの言葉通りにやっている人も多いですよ。

「そんなに軽い感じ?」と言われそうですが、そんなに軽くて良いのです。
当たると思う占い師さんの言う、してはいけないことや時期については守っていくようにするとか。
けれども、自分を捻じ曲げてまで守る必要はないと思うのです。

結局、占いが介在するだけで、自分で判断すれば良いのです。
それだけです。

信じる人の方が比較的に生活は楽

信じて生活する方が、あれこれ考えるより断然に気楽です。
信じているとは言え、最後の判断は自分でするわけですから、占いは単なるヒントです。

気になれば従うだけ。
従わないのも全然あり。
と言えば伝わるでしょうか。

・・・だけど

雑誌やTVなどの占いでも、見るのを嫌がる人がいます。
思わしくない内容だと気になってしまうからです。

でも、見る(読む)くらいで何かが変わるわけでは無いのですから、見ても見なくても一緒では無いでしょうか。

占いを信じられない人に中には、信じたくない人もいます。
また、信じて失敗したからと言う人もいます。

信じることが出来ない人に伝えたいのは、当たっていることは全く無かったのでしょうか?
当たっても当たらなくても、結果はたいして変わらないのでは無いでしょうか?

それなら見なくても良いと言う意見も分かります。
だから逆に、見ても良いし、見ても変わらないのでは無いでしょうか?

当たることだけを重視するのか。
ハズレることを重視するのか。
ということですね。

結局は占い師の問題

TVなどで占いがもてはやされる反面、占いを嘘だと断言する人もいます。

2022年1月、お笑い芸人のアンガールズ田中さんは、彼女が出来たことをポッドキャストで発表し話題になりました。
その「アンガールズのジャンピン」というポッドキャストで、相方の山根さんは、「赤い仮面をつけた占い師さん」のことを、適当なことを言う嘘つきだと言い放っています。
赤い仮面をつけた占い師さんは、誰でも分かることを言葉にしているだけと怒っています。
(赤い仮面をつけた占い師さんに、昔「サラリーマンの方が向いている」と言われたことを根に持ってるからだと、田中さんは言っています)
「年末年始になると占い師がいい加減なことを言う」と山根さんはおっしゃいます。

実はその通りです。
世の中の人は年末年始になると、来年のことを知りたくなるのです。
恋愛のこと、政治のこと、生活のこと、仕事のこと。
予言を生業にしている占い師が答えることも多いのです。

赤い仮面をつけた占い師さんは、その2年前の年末に(以前にもお話しした)サンドウィッチマンさんへの予言がありました。
この時は仕事上のコロナ渦での変化を当てたことになっていますし、ハズレたこともありました。
ハズレたことを嘘と言えばそうなのかもしれません。

「いい加減なこと」は私たちや山根さんのような聞く側の勝手な解釈ですが、占いで出た予言・アドバイスをどう受けとって、ど生活するかが重要なのです。
占いで出た事象を、どのように言語化し、人に伝えるのかが占い師の仕事であり、それが占い師の「腕」です。
結局は、占い師による問題なのです。

私のお笑い好きがバレますが・・・今回紹介したものは以下の Podcast です。
【アンガールズのジャンピン[オールナイトニッポンPodcast] EP.14 え?え?えーーっ? 2022.01.06】
【サンドウィッチマンの東北魂 2020.12.27】
私は AmazonPrime に入っているので、AmazonMusic で Podcast を聞いています。
» Amazonプライム無料体験はこちら
2,000円以下の送料も無料になりますし、ビデオや音楽、本なども読めたりして、金額以上のサービスです。
占いと違ってハズレ無しですw
お試し期間は1カ月で、課金される前に解約すれば無料ですよ。
学生であれば、年会費半額の Prime Student の方がお得ですよ。無料期間も6か月あります。

占いは嘘なのか

「占いに何を期待して、どこまで活用するかが問題である。」
「占いが嘘ではなく真実を導き出していても、占い師が言語化した内容によっては嘘になるかもしれない。」
以上のようなことを説明してきました。

実際のところ、占いで本当に予言・鑑定出来るのか・分かるのかは不明です。
現代では、霊的なものも含めて「占い」というカテゴリーの中に様々なものが入り込んでいるのでなおさらです。

占いに嘘がどれだけ入っているのかすら分かりません。

だから、占い師さんを見極めるしかないのです。
だから、信じると言うよりは、使うと言う考えにならざる得ないのです。

本当の占い(統計であれ霊感であれ)であること。
本当の占いの出来る占い師。
現代ではそれを探すしかないのです。

案ずるより産むが易し

考えていても前に進むしかないのが私たちです。
もちろん、何もせずにうずくまっていることも出来ますが、それでは問題も起きませんが、何も変わりません。

ただ、出来る範囲で動いて、自分自身で確かめていけば良いのです。
それを楽しめばよいのです。

気楽に占えるのはコチラ!

目次