占いの種類

目次

占いの種類

ひとくちに占いと言っても、占いにはいくつもの種類があります。
数えた人はいないと思いますが、恐らく日本だけでも数百~数千種類はあるのではないでしょうか。

大きく分けると、「西洋占い」と「東洋占い」に分けられます。
更に、中国の考え方(「命」「卜」「相」)と、最近日本で主流になっている「霊感」を組み合わせると、占いの種類が大変分かりやすくなります。

西洋占い東洋占い説明
命術西洋占星術
数秘術
四柱推命
インド占星術
宿曜占星術
算命学
運命など先天的な鑑定。
人生や才能について占います。
相性や時期もある程度までは占えるはずです。
卜術タロットカード
ルーン
トランプ
おみくじ
短期的(瞬間的)な鑑定。
恋愛相談や人間関係など、今の状況を占います。
今の相手の気持ちなども占えます。
相術手相学手・人相
家相
風水
手相や顔相など、目に見えるものを鑑定します。
時期により変化するので、今から少し先まで占えます。
自分で見た目を変更して、幸運に向かわせることも出来ると言われています。
霊感チャネリング
オーラ
イタコ占い師によって千差万別、占える内容も何もかも違います。

命術

生年月日や時間・出生場所など、決まっている要素を元に占いを行います。
本人の意思とは関係なく決定されているものに、運命や宿命・運勢を占います。

当サイトでは様々な占いを紹介していますが、古くからの統計による「命術」による占いを推奨しています。

卜術

偶然(必然)発現した事象を元に、吉凶などを占います。
決定しているものは無く、すべての瞬間で偶然で導かれる占いです。

相術

物の姿や形・名前・方角や色など、様相で占いを行います。
手相などで手に線を書くなど、意識的に結果を変えられる占いもあります。

霊感

現在の日本では主に霊感を用いた占いがとても多くなっています。
基本的には霊能者が霊と通信出来たり霊視や透視で占うものです。

神仏や霊、前世・過去や未来を見定めることが出来るとされています。
オーラや波動・チャネリング(交信)によって鑑定できる占いもあります。

占うというよりも鑑定に近いかと思います(物事を見定めるという意味)。

霊能力者によって力の差があると言われており、低俗な霊(低級霊?)に聞いてしまう(教えられる・支配・取りつかれている)と良くない方向になりがちだと言われます。
また、霊視の奥深さ?や悪霊により、間違った結果を教えられたり、告げられることもあるのだと言います。

一方、霊能力者のおかげで肩が軽くなったり、気分が180°変わって良くなったなど、占いによって劇的な変化を実感する人がいるのも確かです。
当然、事業が成功したり、悩んでいたことが無事解決したり、恋が成就したり。
事象が好転した人も相当たくさん存在するのも確かです。

あなたも占いを使ってみましょう!

目次