2022年の占い本3種類を準備した – 新しい研究対象を見つけたかも

鳥居

先月よりこのサイトをはじめました。

有名どころの占いを知らないことにはサイト運営出来ないと思い、駅前の本屋で3冊の占い本を入手してきました。

  • 星ひとみの天星術2022
  • ゲッターズ飯田の五星三心占い2022
  • 六星占術による○○人の運命 細木かおり

それぞれの本にはいくつものタイプがあります。

自分のタイプを計算して本を買わなければ、自分の占いは読めません。

本屋であれこれ計算していた時・・・あれっ?

目次

早見表と計算で自分自身の数値を作り出す

そてぞれの占い師さんで生年月日から計算して運命数を作り出します。

但し、ゲッターズ飯田さんは計算はありません。

なぜ計算する必要があるのかは分かりません・・・。

数値を出すだけなら、ゲッターズ飯田さんのように直接答えを出してくれたら良いのに・・・。

えっ?

細木さんと星さんは計算しても+-1の数値になりますね・・・ほぼ同じってどういうこと?

そう、自分だけでなくて他の人で確認しても同じです。

早見表とは何だろう

実はそれぞれの本で紹介している早見表とは、「陰陽五行」の表です。

「陰陽五行」は中国の春秋戦国時代頃からの思想とされており、日本でも発展し陰陽道として知られています。

そう、陰陽師 安倍晴明のやつですね。

陰陽道は日本の国家機関である陰陽寮で教えられていた占術です。

飛鳥時代から明治2年まで続いた大切な国家機関なんです。

そのような陰陽道の考えで作られている表を使って「運命数」を導き出すのです。

「早見表ってどうやって作るのだろうか?」

「みんな同じような早見表を使っているのはなぜだろう?」

疑問に感じませんか?

新しい楽しみ方の発見か!?

これからのことを占うにあたって昔から使われている表を使う。

なるほど!これが歴史なのか!?統計ってこれのこと!?

とてもとても興味がわきました。

自分のことが占えるならやってみたい。

新しい占いの楽しみ方が発見できたかもしれません!

¥1,430 (2022/03/15 14:26時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次